和歌山 ヨーガ(ヨガ)

   ようこそ 和歌山で活動するヨーガ療法士の会へ    


 ヨーガの起源をたどりますと、紀元前2500年程のインダス河流域の古代遺跡(ハラッパやモヘンジョダロなど)から、結跏趺坐しているヨーガ行者の坐像の印章が出土していることからその頃を起源とされています。

 

『ヨーガ』という言葉はインド古代のサンスクリット語のYujが語源で、「結ぶ」「コントロールする」「バランスをとる」などを意味します。


インドでは、『ヨーガ』を「馬を車体につなぎ、その馬車をコントロールして道をはずさず人生の目的地へ行くこと」と表現されます。

 

言いかえれば、怒りや悲しみなどにふりまわされる心の動きを、意志の力でコントロールすることが『ヨーガ』の本質になります。

 

これは現代的に言えば自己制御法ですが、現代のストレス社会において、ストレス関連疾患に根本に対処するための技法としてヨーガは役立ちます。



和歌山市でヨーガ教師養成講座を開催します

 

和歌山県にて、第2回ヨーガ教師養成講座が開講されます。

 

本講座は日本ヨーガ・ニケタンが、1990年より、インド中央政府が公認し、インドで唯一のヨーガ大学院大学(修士・博士 課程)を持つ sVYASA(スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究財団)のヨーガ・インストラクター/セラピスト養成講座として開催されます。   

 

 

 

1年間(10)の講座を修了すると、スワミ・ヴィヴェーカナンダ・ヨーガ研究所から修了証書が発行されます。またこの講座は ヨーガ・セラピスト(ヨーガ療法士)の基礎(前期)講座にもなっており、ヨーガ・セラピストを目指すには ヨーガ教師養成講座の修了が義務づけられています。  

 

 

 

ヨーガの智慧を活用して人々の健康増進に寄与したい方々は勿論、ストレスに強くなりたい人、ヨーガの実習者、心身症の患者さん等、家庭や職場で忙しく暮らしている方々が手軽にできるヨーガの智慧の活用法をお伝えします。

 

◆詳しくは当会までお問合せください


アクセスカウンター
カラコン